お腹のひび割れの原因とセルフケアにおすすめのクリーム

脂肪線

お腹の皮膚がひび割れのようになってしまう症状の多くは女性の場合、妊娠時期に起こりやすいです。
他にも短期間での体重増や、成長期の身長が伸びる時に起きることもありますが、一般的に妊娠、出産を経て表れるという方が多いのではないでしょうか?

 

お腹の皮膚がひび割れする原因

脂肪線

体質の変化はもちろん、体重の変化も大きいのですが、妊娠中に大きくなったお腹が出産後に元に戻っていく変化などが原因でお腹の皮膚が引っ張られると、皮膚の真皮に存在しているコラーゲンも一緒に引っ張られてしまい、皮膚の下の皮下組織、真皮層が耐え切れなくなるとひびが入ってしまいます。

 

ひび割れが起こる箇所が多ければ多いほど、お腹の皮膚に肉割れや妊娠線などと呼ばれるラインがたくさん走るようになります。
このお腹のひび割れ、(一般的には肉割れや妊娠線と呼ばれています)はできてしまうと中々消すのが大変です。

 

セルフケアを行う場合、ボディクリームでのケアが主流ですが、しっかりと肌の保湿以外に肌のターンオーバーの促進、さらにはコラーゲンの生成にも働きかけるボディクリームでのケアがお腹のひび割れ改善には大切です。

 

お腹のひび割れケアで人気のノコア

脂肪線

美容成分ビタミンC誘導体を主成分としたボディクリームのノコアですが、出来てしまった肉割れ、妊娠線、脂肪線、お腹のひび割れのケアに加えて、セルライトの解消、色素沈着などにも役立つと評判になり、ランキングでも人気のボディクリームです。

 

主成分をビタミンC誘導体としていることはもちろん、他のケアクリームとの違いはEGFとFGFを配合していることにも注目されています。

 

ノコアはココが違う!EGFとFGFに注目!

ノコアに配合されているFGF様物質のアセチルデカペプチド-3とヒトオリゴペプチド-13、EGF様物質のオリゴペプチド-24にはそれぞれ、肌の修復や生産を高める働きがあるといわれています。

FGF

真皮の細胞を支えて肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生みだし、さらに増やす働きを持つ成分です。

EGF

EGF様作用には肌の新陳代謝を高めたり、細胞の修復を促進させる働きがあり、ひび割れを起こした皮膚や細胞のターンオーバーをサポートしてくれます。

 

FGF・EGFはエイジングケア化粧品などに取り入れられるようになり、一躍有名になった成分でもあり、線維芽細胞の作用を活性化させて肌を若々しくしてくれる効果が期待できます。

 

3つの主成分がお腹のひび割れに作用

ビタミンC誘導体とEGF・FGFの働きでひび割れを起こした皮膚内部のコラーゲンの生成をするように促して、肌のハリやもちもちした感触をよみがえらせ、そしてコラーゲンの増加した肌は保湿力が高まってひび割れの線を薄くするのに働きかけます。

 

この3つの成分の働きが今までのボディクリームと違うと実感された方の口コミにも表れており、楽天のランキングやコスメサイトでの高評価に繋がったわけですね。
また、公式サイトでも大ヒット御礼キャンペーンとして割引価格で販売していますので、さらに注目度と人気が高まりそうです。

 

夏用ノコア


ノコア