妊娠線を予防するための知識とケア方法

女性にとって、妊娠というのは様々な体の変化が表れます。体の内側はもちろんですが、体の外側に表れる変化も少なくありません。
中でも妊娠することによって、お腹が大きくなり、その影響で皮膚に線として残ってしまう妊娠線は、出産で頑張った証でもありますが、一度出来てしまうと、消すのが大変で、産後のボディケアのお悩みの一つになってしまうことが多いです。

 

妊娠線ができる主な原因

妊娠線は妊娠してお腹が大きくなる過程で、皮膚は横や縦に引っ張られる状態になります。
この状態が続く事で、皮膚の弾力以上の負荷がかかることで、真皮層に亀裂が入ってしまい、線となってしまいます。

 

お腹が一番出来やすいですが、他にもお尻や太もも、腕、胸などにも表れることもあります。
しかも1本だけでなく、数本でお腹などに表れてしまう人もいるため、出来てしまうと非常に気になってしまいます。

 

また、妊娠時期は女性ホルモンのバランスが変わり、この時期に多く分泌されるステロイドホルモンが多く分泌されることによって、皮膚の新陳代謝を停滞させてしまうのも妊娠線ができやすくなる理由の一つでもあります。

 

出来てしまうと消すのが大変な妊娠線は予防することが大切

妊娠線は極端な言い方をすると、皮膚に傷がついたのと同じ状態です。真皮層に傷がついた皮膚細胞は通常の皮膚のようにターンオーバーが行われません。そのため、一度できてしまうと妊娠線は解消するのが大変です。

 

妊娠線が表れやすい妊娠5カ月くらいまでの間に、皮膚の伸縮性をサポートする保湿ケアが簡単で効果的な予防方法です。

 

妊娠すると感じる方が多いですが、お腹や横腹などがカサカサとしてきます。これは、少しづつ大きくなってきたお腹に皮膚が引っ張られている状態が始まり、皮膚自体の伸縮性がどんどん失われてきています。

 

この状態をケアするためにクリームやオイルなどで保湿ケアを行う必要があります。

 

妊娠線ができやすい人のタイプ

妊娠線はまったくケアしなくてもできなかったという方もいますが、逆にケアしていてもできてしまうなど、個人差が大きいです。

 

ただ、中でもぽっちゃりした方、小柄な方、出産を経験されている方です。

 

ぽっちゃりした方

もともとがぽっちゃりとしている方は、皮下脂肪が多く、この皮下脂肪が伸縮性を妨げてしまいやすくなります。

 

小柄な方

小柄な方は骨盤が通常よりも小さいことが多いため、お腹が前に大きく膨らみやすくなる傾向にあり、その際に皮膚に負担がかかりやすくなる傾向にあるようです。

 

出産を経験した方

過去に出産を経験された方は、支給が広がりやすいため、お腹の赤ちゃんも大きくなりやすい傾向にあり、一度目よりもお腹のサイズも大きくなりやすく、妊娠線ができやすくなると言われています。

 

しっかりと保湿ケアを行い乾燥肌を回避

妊娠線の予防はまず保湿ケアです。元々、肌が乾燥しやすい方は上記の方だけでなく、妊娠線ができやすい肌質でもありますので、お風呂上りなどにゆっくりと時間を取ってケアしていくことが妊娠線予防の基本の一つです。

 

夏用ノコア


ノコア